Latest NEWS

MatrixBruteファームウェア・アップデート1.1
News

MatrixBruteファームウェア・アップデート1.1

MatrixBrute、そのストーリーはまだほんの序章に過ぎませんが、すでによりパワフルに進化を遂げました。ファームウェア・アップデート1.1で追加された新機能をご紹介します。

リアルタイム・レコーディング

最もナチュラルなレコーディング方法とは?

「演奏すること」を直感的に捉えるとすれば、最適な方法はリアルタイム・レコーディング・モード以外にはないかも知れません。MatrixBruteではArturia製品の中でも極めて便利で効果的なスペックを実現しました。

まずシーケンスの長さを設定し、次にシーケンサー・モードのレコード(●)とプレイ(>)ボタンを押すだけ。あとはインスピレーションに任せて演奏するだけです。

レコーディングできるのは、フレーズの各ノート以外にもあります。複数ステップにまたがってノートを押さえ続ければ各ステップがタイでつながり、強いタッチで弾けばそのステップにアクセントが入ります。さらに、Modulation Amountノブを回せばノブの動きをモジュレーション・トラックに記録することもできます。


Matrixアルペジエイター

2つのエレメントで全く新しいものへ変貌

Arturiaのエンジニアが遂に成し得た禁断の錬金術、それがMatrixアルペジエイター。一度使ったら日が暮れるのも忘れるほどクリエイティブなツールです。
ArpeggiatorとSequencerボタンを同時に押せば、マトリクスが先進のアルペジエイターに。
Matrixアルペジエイターはマトリクスの各コラム(列)をフルに使用した最大16ステップのアルペジエイターで、最大4ノートまでのコードをアルペジオ演奏します。マトリクスの上から4行までのブロックはスタンダードな16ステップのシーケンサーとして動作し、それ以下のブロックは4行ずつ3つのグループに分割されます。各グループは、キーボードで弾いた4音のオクターブ・トランスポーズをそれぞれ表示します。

これにより演奏した4音のコードの各音のオクターブをステップごとに設定できます。キー・ホールド・モードをオンにして別のコードを弾けば、タイミングや音の動きは一定のまま、複雑なコード進行を演奏できます。


ディスプレイ・オフセット

プリセットとパネルのあいだに

「行き先への道を知りたければ、来た道を見れば良い。」これは音作りにも言えることです。

ファームウェア・アップデート1.1では、Presetボタンを押しながらノブやスライダーを動かすとノブなどのその時の位置とそのパラメーターのプリセット値との差をディスプレイに表示します


ピッチCVアウトのトランスポーズ

MatrixBruteに接続したインストゥルメントやモジュールで重厚なハーモニーを作り出したい時や、シンプルに各機器を同じ基準ピッチに合わせたい時などに、ピッチCVアウトの0Vノートのトランスポーズ機能は非常に役立ちます。
MatrixBruteをArturia MIDI Control Centerに接続し、Deviceタブをチェックするとこのパラメーターにアクセスできます。



その他の機能向上

そのすべてを想像できるでしょうか?

まぁ、MatrixBruteの開発チームを軽く見ないほうが良いでしょう。今回の機能向上リストは、みなさんが思うよりも遥かに長いのです。

コルグ製インストゥルメントとのクロック分解能互換もその1つです。オートチューニング機能の精度をさらに向上させましたし、プリセットのロード時間をさらに短縮し、切替時のポップ・ノイズを解消しましたし、他にもまだまだたくさんあります…。


アップデート方法

MatrixBruteのファームウェア・アップデートの際には、MatrixBruteをコンピュータと接続し、Arturia MCC(MIDI Control Center)を起動させる必要があります。MCCのダウンロードはこちらから。
1.MatrixBruteをコンピュータとUSBケーブルで接続します。この時、USBハブは使用しないでください。
2.MCCを起動します。
3.起動後すぐにMatrixBruteが表示されない場合は、画面左上コーナー部の「Device」ドロップダウン・リストからMatrixBruteを選択します。
4.そのすぐ下のファームウェア・セクションに現在のファームウェア・バージョンが表示されます。コンピュータがインターネットに接続している場合は、最新ファームウェアが入手できます。
5.コンピュータがネットに接続されているかどうかで、アップデートのインストール作業が変わります(以下をご覧ください)。
6.インストール作業を始めます。

コンピュータがネットに接続している場合
1.「Download latest」をクリックします。MIDI Control Centerが最新ファームウェアを自動的にダウンロードします。
2.確認作業の後に最新ファームウェアのインストールが始まります。

コンピュータがネットに接続していない場合
1.ファームウェア・ファイルをここからダウンロードします。
2.「Update」ボタンをクリックします。
3.コンピュータにダウンロードしたファームウェア・ファイルを選択します。
4.確認作業後、ファームウェアのインストールが始まります。

7.ファームウェア・アップデートの最初のステップはメイン・ボードのアップデートです。この時、画面にアップデートの進捗を示すプログレス・バーが表示されます。
8.メイン・ボードのアップデート完了後に、MatrixBruteの再起動をするメッセージが表示されます。
9.画面にメッセージが表示され、「OK」ボタンをクリックする前に5秒待ちます。これによりサブボードのアップデートが始まります。
10.サブボードのアップデートはMatrixBruteの再起動で終了し、その間にファームウェア・アップデートのファイナライズをします。

あとは最新バージョンのMatrixBruteを使うだけです。

最新版にアップデートされたMatrixBruteを存分にお楽しみください!

C0MMUNITY

Artists

Arturiaは常にアーティストと親密な関係をもってきました。そこで、私たちは、舞台裏の様子をお見せしようと決めました。世界的に有名なミュージシャンやプロデューサーが、彼らのお気に入りのArturia製品について、またどのようにそれらを使っているのかについて語るのを、ぜひご覧ください。

Forums

ここでは、ほかのユーザーと、どうサウンドをデザインするか、または楽器を使う上でのアドバイスや技などについて、話し合うことができます。このほかに、それぞれの楽器についてのテクニカルな事柄についてのフォーラムもあり、そういった問題についてはそこでほかのユーザーと話し合えます。

Presets

ここでは、あなたのArturia製品で使えるプリセット・バンクをダウンロードすることができます。これらのプリセットは、才能豊かなサウンドデザイナーとミュージシャンが手がけたものです。彼らの手助けを得ることで、あなたは楽器への知識や使い方を向上させることができるのです。

SUPPORT

Register

あなたの製品を登録して、テクニカルサポートやアップグレードのプロモーション、ニュースレターなどにアクセスしてください。

arturia.com

Downloads & Manuals

Arturiaの製品を使い始めるにあたっての、製品マニュアル、ダウンロード、ビデオ指導書などです。

arturia.com

FAQ

よくある質問に関する答が見つけられます。

arturia.com

Ask for Help

オンライン上で、または製品マニュアルで答を見つけられない場合、テクニカルサポートチームがここにいます!

arturia.com

Japan Distributor

Contact

Arturia社製品に関するお問い合わせは、
こちらをご覧ください。


Arturia

Our Mission


私たちの目的は、忘れられないパフォーマンスを創造するためのユニークな手段をミュージシャンに提供すること。イノベーションに重点を置き、コンピュータ・ミュージックの研究とテクノロジーの最新の進歩を、私たちの製品に取り込む努力をしています。そこには、最先端の楽器やソフトウェアの開発のために、リサーチ機関とパートナーシップを組むことも含まれます。私たちの楽器は、多くのヒットレコードやサウンドトラックを作るのに使用されてきています。

Our values

User friendly

User friendly

私たちは、すべてのノウハウを、お客様の体験と使いやすさに集約します。直観的な楽器やミュージシャンとの親しい関係は、その結果として、生まれるものなのです。


Creativity

Creativity

イノベーションは、私たちが最も重視すること。私たちは、デザインに最新の注意を払いつつ、テクノロジー面での境界を推し進めることで、たぐいまれな音楽体験を提供します。


Daring

Daring

私たちは、大胆に、独創的でほかと違う楽器を作ります。私たちは、大胆に、新しい体験を想像します。私たちは、大胆に、市場の大物に差し押さえられていた商品を改革します。


Excellence

Excellence

毎日、自分たちに対して強い要求を重ねることで、私たちには卓越していきます。私たちがお届けする使いやすく革命的な製品、優れたサウンド、パワフルな楽器は、熱心な仕事のたまものなのです。