Latest NEWS

News

Arturia V Collection 6.2


数々の賞に輝いたV Collectionがさらに進化

V Collectionが、機能面、安定性、インテグレーションのすべてにおいてさらに進化。
New England Digital社が開発のした革命的なデジタル・シンセを再現したSynclavier Vがバージョン2.0にアップデートされ、リシンセシスとサンプリング機能が新たに加わりました。
その他各インストゥルメントもプリセットのリファインやバグの解消、幅広い制作環境への対応を深め、ビンテージ楽器のソフトウェア・エミュレーションとして最高のサウンドを擁するだけでなく、高い信頼性も実現しました。


Synclavier Vのメジャー・アップデート

V Collection 6.2の最大のポイントはSynclavier Vのメジャー・アップデートです。
V Collection 5でデビューしたSynclavier Vがバージョン2.0になりました。
オリジナルSynclavierの開発者であるCameron Jones氏を招き、さまざまな機能アップデートと新機能追加を行いました。

リシンセシス

リシンセシスは、オーディオ・サンプルを解析してSynclavier Vのシンセ・パラメーターで再現する機能です。そのプロセッシングは極めて複雑なのですが、使い方はいたって簡単、サンプルをドラッグ&ドロップしてオートアナライズするだけ。あとはSynclavier Vがサンプルをシンセ・サウンドで再現します。サンプルの最大100カ所を解析再構築し、Synclavier Vの他のサウンドと同様に使用することができます。

サンプル・プレイバック

サンプルのリシンセシスだけでなく、サンプルそのものをビンテージ・デジタル独特の粗さの残る音質やピッチ・スケーリングでプレイすることも可能です。レトロなオケヒットや壮大なパッド、ストレンジなボーカルのフックなどに最適です。

新規プリセット&サンプル

Synclavier V 2.0は新機能をフィーチャーした数百種類にもおよぶプリセットが入っているだけでなく、オリジナルSynclavierの内蔵サンプルを厳選して収録し、オリジナル同様のサウンドを再現できます。

ユーザー・インターフェイスの向上

機能のパワーアップだけでなく、使いやすさもパワフルに。ワークフローを加速する各種ユーザー・インターフェイスもさらに進化し、Synclavier Vがさらに楽しく使えるようになりました。

KeyLab MkIIとの親和性も進化

V Collection 6.2は、これまで以上にArturia製ソフトウェア・インストゥルメントやハードウェア・コントローラーとの親和性がさらに高められました。KeyLab MkIIと併用する場合、プリセット・ブラウザ上で「Clear All」をクリックすると、プリセット・リストのトップに自動的にスクロールするなど、便利なショートカットが新たに追加されました。

新しくなったプリセット

V Collection全体で7,000種類以上ものプリセットは、サウンド・バンクとして追加購入も可能ですが、これらの音量レベルがほぼ均一になるようにアップデートされ、これまで以上に快適にモニターできるようになりました。アグレッシブなシンセ・サウンドも、情熱的なピアノ・サウンドも、ほぼ同じ聴感上の音量レベルでモニターでき、より音色に集中することができます。

バグの解消

Arturiaのエンジニアは、さまざまなプラットフォームやDAW、各ソフトウェア間でV Collection 6.2の21種類のインストゥルメントが適正に動作するよう常にハードワークを重ねています。今回の6.2では数百にもおよぶ不具合が解消されました。主なものは次の通りです:

・Komplete Kontrol / Maschene NKS併用時の動作改善
・MIDIソング・セレクト・メッセージ受信時のクラッシュを解消
・エフェクトのドライ/ウェット・パラメーター操作時の不具合を解消
・Live 10上でV CollectionをAUプラグインとして使用している状態でプリセットのブラウズをするとLive 10がクラッシュする不具合を解消
・masOS阪FL Studioでインストゥルメントを切り替えるとクラッシュする不具合を解消
・Studio One上でのKeyLab Essentialのプリセット・ナビゲーションの動作改善
・CMI V、Synclavier Vの購入したサウンド・バンクのサンプルのロード時間短縮
・購入したサウンド・バンクのプリセットへの上書き機能を廃止
・演奏中のプリセット切替時に発生していた音量の暴れを解消

V Collectionをアップデート

V Collection 5および6のオーナーの方は、6.2に無料でアップデートすることが可能です。

最新バージョンのインストールはASC(Arturia Software Center)から

DrumBrute一部不具合のお知らせ
Drum Solutions, News

DrumBrute一部不具合のお知らせ

平素より弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

弊社が2016年12月から販売しております DrumBrute の一部において、長時間使用すると特定のドラム音色(スネア、クラップ、タンバリン、マラカス)が変化し、意図したとおりの音にならない不具合があることが判明しました。

ご愛用の皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますことを謹んでお詫び申し上げます。

該当する症状が確認されたお客様は、保証対象として無償修理対応させていただきます。お手数をおかけいたしますが、コルグ お客様相談窓口、もしくはお近くの販売店までご連絡いただきますようお願いいたします。

今後、品質向上・管理に一層努力を重ねてまいりますので、何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。



問題の影響を受ける可能性のある製品の確認方法:

お客様所有のDrumBruteが対象製品であるかを以下のページで確認します。

My ARTURIA : My Products


My ARTURIAにてユーザー登録/ログイン後、「My Products」よりお持ちのDrumBruteのシリアル・ナンバーとアンロック・コードを入力し、製品登録してください。
問題の影響を受ける可能性のある製品には、以下のように “Assistance Available”メッセージが表示されます。



不具合のある音を聴く:


以下のプレイヤーは、問題の影響を受けている製品の音色を聞かせます。お持ちの製品の音色を確認してください。

Clap
正常
不具合あり
Maracas
正常
不具合あり
Snare
正常
不具合あり
Tambourine
正常
不具合あり

対象製品の無償修理お申し込み:

コルグ お客様相談窓口、もしくはお近くの販売店までご連絡ください。

Controllers, Hardware Synthesizers, News

DrumBrute Impact / KeyLab MKIIを発売いたします。

ライブやレコーディングで威力を発揮する多機能で表現力の高いMIDIコントローラー・キーボードの決定版、KeyLab MkII。
中毒になるほど楽しい、力強くユニークなサウンドによってすぐに満足感を得られるビートメイカー、DrumBrute Impact。
2018年8月26日(日)発売です。

DrumBrute Impactの詳細はこちら
KeyLab MKIIの詳細はこちら
News

Arturia V Collection 6.1のアップデート


飛躍的進化を遂げた待望のアップデート

アップデートされたArturia V Collection 6。
NKS対応やブラウジング機能の強化をはじめ、数多くの重要な機能を更新。
極上のシンセ、キーボード、オルガン、ピアノ・コレクションで音楽制作が行えます。

NEW

NKSに完全対応

Native Instruments Kontrolシリーズ・オーナーに朗報:
V Collection 6.1の各インストゥルメントが、Native Kontrol Standardプロトコルに完全対応しました。
これにより、各シンセやキーボードのパラメーターをKontrolシリーズの各種操作子に簡単にマッピングができ、 Arturiaのフラッグシップ・ソフトウェア・パッケージを瞬時に効率良くコントロールすることができるようになりました。

プリセット・ブラウザの一元化

定評のあるAnalog Lab 3のプリセット・ブラウザをV Collectionの各インストゥルメントに導入しました。
サウンド・キャラクターでのサーチに加え、特定のインストゥルメントでのサーチも可能となり、欲しいサウンドを欲しいインストゥルメントで見つけ出すことができます。

極めて高い信頼性

バージョンアップの都度、さらなるユーザー・エクスペリエンスのために厄介なバグの解消など信頼性の向上に常に取り組んできました。
OS、DAW、オーディオ・インターフェイスのどんな組み合わせでの環境下でも、安心してご使用いただけます。


刺激的なサウンド、クセになる機能、 完全無欠の歴史的遺産の数々

史上最高のシンセ、キーボードをバーチャル・インストゥルメントとして再発明

書き終えることのないビンテージ・キーボードへのラブレターに、新たなチャプターが。
アナログ・シンセ、デジタル・パワーハウス、ステージ・ピアノ、グランドピアノ、アップライトピアノ、オルガン、ストリングス・キーボード、
そしてサンプラーまでも包含した音楽史上最高のアイコン的キーボードのパッケージ、それがV Collection 6.1です。

Arturia独自の、常に進化するコンポーネント・モデリング、フィジカル・モデリング技術であるTAE®とPhi®を採用し、
往年のエレクトロニック、そしてアコースティック・キーボードの数々を解析、再構築そして命ある楽器として再生し、
半世紀以上にもおよぶポピュラー・ミュージックにおける磐石のクリエイティブ・コレクションに仕上げました。
そして、賞賛に価するほどのたゆみない努力により、数々の伝説的サウンドをV Collection 6.1でお楽しみいただけるのです。

 21 INSTRUMENTS

ビンテージ・シンセをこの手に…と思われたことはありませんか?
そのシンセは好きなアーティストやバンドが使っていたものかも知れませんね。
完璧にメンテナンスされているピアノやオルガンのコレクションはいかがでしょうか?
V Collection 6.1ならお気に入りのキーボードをどれでもお使いのパソコン上でプレイできます。

6500+ PRESETS

シンセのパネルがロケット打ち上げ基地のコントロール・パネルのように見えてしまったとしても大丈夫です。
Arturiaの熟練サウンド・デザイナーが作成した極上の刺激的サウンドがあります。無数の入念に作成されたプリセットを選び、 そのまま使うのも、それを足掛かりにオリジナル・サウンドを創り上げることもできます。

60+ YEARS OF KEYBOARD HISTORY

V Collection 6.1にパッケージされたキーボードが音楽や映画、カルチャーに与えたインパクトの大きさは、
いくら誇張して言ったとしても言い過ぎにはなりません。

記念碑的SF映画のテーマ曲でも、ミリオンセールスのシングルのフレーズでも、アングラ実験音楽ギグのサウンドでも、
満員のスタジアムでの狂熱のライブでも、そのサウンドを出していたのはこれらのキーボードなのです。

その後、BeatStep Proのタッチストリップを押しながら、いずれかのパッド(複数も可)を押します。
タッチストリップ上で指を動かすと、作成されたロールの解像度が変化します。

61 AWARDS

私たちArturiaはV Collection 6.1を愛しています。
Arturiaのスタッフはみんなミュージシャンであり、明けても暮れてもこうした素晴らしい楽器に触れるのが大好きです。
Arturiaは、世界中のプレスやレビュワー、プロ・オーディオのオフィシャルから60種類以上もの賞を受賞しています。

お持ちのV Collection 6をアップデートしたくなりましたか?

V Collection 6とその各インストゥルメントのオーナーの方(V Collection 6の一部をお求めになった方や、各インストゥルメントを単体でご購入されたオーナーの方も含めて)は、 6.1に無料でアップデートすることが可能です。
また、今回のアップデート(6.1)では、V Collection 5の多くのインストゥルメントも改良されています。
最新バージョンのインストールはASC(Arturia Software Center)で簡単に行えます。

C0MMUNITY

Artists

Arturiaは常にアーティストと親密な関係をもってきました。そこで、私たちは、舞台裏の様子をお見せしようと決めました。世界的に有名なミュージシャンやプロデューサーが、彼らのお気に入りのArturia製品について、またどのようにそれらを使っているのかについて語るのを、ぜひご覧ください。

Forums

ここでは、ほかのユーザーと、どうサウンドをデザインするか、または楽器を使う上でのアドバイスや技などについて、話し合うことができます。このほかに、それぞれの楽器についてのテクニカルな事柄についてのフォーラムもあり、そういった問題についてはそこでほかのユーザーと話し合えます。

Presets

ここでは、あなたのArturia製品で使えるプリセット・バンクをダウンロードすることができます。これらのプリセットは、才能豊かなサウンドデザイナーとミュージシャンが手がけたものです。彼らの手助けを得ることで、あなたは楽器への知識や使い方を向上させることができるのです。

SUPPORT

Register

あなたの製品を登録して、テクニカルサポートやアップグレードのプロモーション、ニュースレターなどにアクセスしてください。

arturia.com

Downloads & Manuals

Arturiaの製品を使い始めるにあたっての、製品マニュアル、ダウンロード、ビデオ指導書などです。

arturia.com

FAQ

よくある質問に関する答が見つけられます。

arturia.com

Ask for Help

オンライン上で、または製品マニュアルで答を見つけられない場合、テクニカルサポートチームがここにいます!

arturia.com

Japan Distributor

Contact

Arturia社製品に関するお問い合わせは、 こちらをご覧ください。

Arturia

Our Mission

私たちの目的は、忘れられないパフォーマンスを創造するためのユニークな手段をミュージシャンに提供すること。イノベーションに重点を置き、コンピュータ・ミュージックの研究とテクノロジーの最新の進歩を、私たちの製品に取り込む努力をしています。そこには、最先端の楽器やソフトウェアの開発のために、リサーチ機関とパートナーシップを組むことも含まれます。私たちの楽器は、多くのヒットレコードやサウンドトラックを作るのに使用されてきています。

Our values

User friendly

User friendly

私たちは、すべてのノウハウを、お客様の体験と使いやすさに集約します。直観的な楽器やミュージシャンとの親しい関係は、その結果として、生まれるものなのです。

Creativity

Creativity

イノベーションは、私たちが最も重視すること。私たちは、デザインに最新の注意を払いつつ、テクノロジー面での境界を推し進めることで、たぐいまれな音楽体験を提供します。

Daring

Daring

私たちは、大胆に、独創的でほかと違う楽器を作ります。私たちは、大胆に、新しい体験を想像します。私たちは、大胆に、市場の大物に差し押さえられていた商品を改革します。

Excellence

Excellence

毎日、自分たちに対して強い要求を重ねることで、私たちには卓越していきます。私たちがお届けする使いやすく革命的な製品、優れたサウンド、パワフルな楽器は、熱心な仕事のたまものなのです。