Post navigation

Software Instruments

3Filters

3 Filters You’ll Actually Use

あらゆるサウンドを加工

想像力を刺激する歴史的なシンセ・フィルターのコンピレーション。
ソフトウェア・プラグインとして実機以上の機能を内蔵し、現代の音楽制作環境にフル対応。

V Collection 6


クリエイティブなフィルターの新定番


制作したトラックのスパイス・アップに、
オーディオにちょっとした盛り上げを、
あるいは微妙なトーン・コントロールを。

そこで登場するのがプラグインですが、問題はその種類の多さ。
何百、何千とプラグインがある中で、「正しい」1つはどれなのか?

Arturiaはメーカーとして、
ほぼ毎日そうした「選ばれるかどうか」の局面に接しています。
この選択の幅を今よりも狭くできたらどうだろうか?

そこで残るプラグインは機能充実で、素晴らしいサウンド、
そして高い信頼性のもの。

新しくてエキサイティングな機能を誇るだけでなく、
いつの時代でも最高と感じられるアナログのトーン・コントロールができるもの。
持っているだけでなく、実際に使えるもの、だろうと考えました。

それが「3 Filters You’ll Actually Use」を開発した背景です。

ビンテージ・シンセを正確にエミュレートした膨大な資産をソフトウェアとして形にしたことは、
Arturiaにとって最高の出発点となりました。

それら数々の賞を受賞したソフトウェア・インストゥルメントの開発に際しArturiaで行ったことは、
伝説的シンセのほとんどのアナログ回路のあらゆる特徴を分析し、再構築したことです。
当然ながら、これにはアナログ・フィルターも含まれています。

フィルター・ドリーム・チーム

  • Mini-Filter

    モーグ博士が開発したフィルターのアイコン。スムーズなラダー・フィルターを正確に再現し、現代的な機能をプラス。

  • SEM-Filter

    シンプルかつ素晴らしいサウンド、モード・ブレンディングが可能なステートバリアブル・フィルターに、ソフト・クリッピングやモジュレーション・マトリクスを装備。

  • M12-Filter

    複雑さと深みの極み。トム・オーバーハイムの手による伝説的80年代フィルターをステロイド強化。

アナログ・シンセ黄金時代をダイレクトに伝える
不朽の名機Matrix-12、Moogシンセサイザー、
SEMの3フィルターによるトーン・コントロール・パワー。

時計の針を現代に戻し、これらの他では決して真似のできないフィルターが、
スタンドアローン・プラグインとして復活。
音楽制作やミキシングの手法を変革するポテンシャルを秘め、
あらゆるサウンドのクリエイティブなトーン・コントロールに必須のアイテムとして進化。

「ところで、そのフィルターは何ができるの?」

「ソフト・シンセにもフィルターはあるのに、フィルター・プラグインが必要な理由は?」

05

名だたるシンセのフィルターの濃密なアナログ・サウンドでギターやドラム、ボーカルやブラス、サンプルなどを加工するというのは、 エキサイティングな瞬間です。このプラグイン・バンドルでは、高音域をカットするローパス・フィルターで漂うようなサウンドも簡単に作成できます。 あるいは低音域をカットするハイパス・フィルターで例えばサビ前の緊張感を演出するのもアリです。

05

楽しさはまだまだあります。各フィルターの実機を同じように使うだけでなく、追加された各種機能でさらに凝った加工もできます。 エンベロープでフィルターの変化する様子をプログラミングしたり、インプット・ゲインを上げてアナログ特有の歪みを出したり、 作成したシーケンスにちょっとしたランダム性を加えてみることも可能。MIDI CCパラメーターでコントローラーへのマッピングもでき、 フィルターや各種機能のリアルタイム・コントロールもできるため、制作だけでなくライブでも使用できます。しかも簡単に、分かりやすく。

各プラグインは豊富なプリセットを内蔵し、
それをベースにオリジナル・サウンドを作成することも可能。

05

アイコン的シンセのフィルターであらゆるサウンドを加工

そのサウンドは、パーフェクトに再現されたフィルターならでは。


Arturia独自のTAEモデリング・テクノロジーにより、
電子楽器のサウンドや挙動を個々の電子パーツのレベルで正確にトレース。


こうして完成したのが、圧倒的にリアルなサウンドのシンセや
キーボードのソフトウェア・エミュレーションです。

Arturiaのモデリング手法なら、シンセ全体だけでなく、
その一部を独立させることも可能。

モーグ博士が開発したフィルターのアイコンであるラダー・フィルターやトム・オーバーハイムの
マルチモード・フィルターがDAW上で動いたらどんなに最高なことか…。
それはきっと皆さんにも最高なはず、と私たちは考えました。


「3 Filters You’ll Actually Use」では、
3種類の名フィルターが使えるだけでなく、
現代の音楽制作環境にマッチしたさらなる機能を追加しています。

M12-Filterのモジュレーション・マトリクスやプログラマブル・エンベロープから、
Mini-Filterのシーケンサーに到るまで、
さまざまな音の探求や実験ができるようにし、
それらを通して音楽制作に役立てるようにしました。

各プラグインとも、
クラシックなトーン・コントロールにエキサイティングなモダン機能をコンバイン。
フィルターが必要な場面が来たら、Arturiaですべてカバーできます。

限界に挑む

シンプルなトーン・コントロールから、
ランダムにシンコペーションした破壊的なサウンドまで、
フィルターは単純ながらも劇的な音色変化をどんなサウンド・ソースにも起こします。

「3 Filters You’ll Actually Use」でできることをイメージしてもらえるよう、
デモ・サウンドをご用意しました。


SEM-Filterデモ

  • カットオフ・フリケンシーとノイズ・レベルの両方をモジュレーションし、ヘビーにカットオフ・モジュレーションのかかったハイハットのトラック。

    エフェクト無し

    エフェクト有り

  • オリジナル・ソースを劇的に変化させる、LFOによるフィルター・アウトのモジュレーション。可聴帯域に及ぶ高速モジュレーションをはじめ、さまざまなモジュレーションが可能。

    エフェクト無し

    エフェクト有り

  • 4小節に渡りカットオフが上がって行くローパス・フィルター。汎用性の高い使い方です。

    エフェクト無し

    エフェクト有り

  • BPMシンク可能なLFOによるパワフルなモジュレーション。シンプルなフレーズも多彩な動きのあるものに変化します。

    エフェクト無し

    エフェクト有り

M12-Filterデモ

  • 入力信号の音量変化に合わせて”zap”音をプラスするプリセットです。


    エフェクト無し

    エフェクト有り

  • ギター・リフにレゾナンスの付いたフィルターをかけた、ワウのエミュレーション。オーディオ信号でカットオフにかかるエンベロープとモジュレーションの周期をコントロールしています。

    エフェクト無し

    エフェクト有り

  • 1つの波形でフィルタリングとゲーティングをかけたリズミックなシンセ・パッド。


    エフェクト無し

    エフェクト有り

  • ドラム・ループの中からキック/タムとハット/トップ成分のみを抜き出すプリセットです。音域の成分バランスはソースによって変化します。


    エフェクト無し

    エフェクト有り


Mini-Filterデモ

  • 6ステップ・シーケンスとスピードが変化する高速LFOでソースの雰囲気を完全に変え、テクノ・ミックスに奇妙なFM音源風シーケンスを入れたようなプリセットです。

    エフェクト無し

    エフェクト有り

  • EDM風コードに上昇するフィルター・スウィープを付けた定番エフェクト。キックによるサイドチェインをプラスすれば、ダンス・トラックのイントロに最適です。

    エフェクト無し

    エフェクト有り

  • ドライブ・ノブを上げて穏やかな歪みを作り出すプリセットです。ダブなどのギターやドラム・ループにクランチ的な歪みと質感を出すのに最適です。

    エフェクト無し

    エフェクト有り

  • シンプルなステップ・シーケンスにフィルター効果を付けて、動きのあるシーケンスに。

    エフェクト無し

    エフェクト有り

  • Arturiaソフトウェア・センター

    asc-image

    Arturiaソフトウェア・センター(ASC)は、ご使用のすべてのArturiaソフトウェア・ライセンスをスマートに管理するソフトウェア。ライセンスのアクティベートや、複数機器でご使用の場合(1ライセンスで最大5台の機器まで使用可能)の各機器間での同期を管理します。また、新たなアップデートがリリースされた場合、ASCがダウンロードのお知らせをします。さらに、新製品情報をチェックしたり、デモ版のダウンロードやフルバージョンの購入もできます。しかも簡単に。

  • TAE®パワー

    tae-image

    TAE®(トゥルー・アナログ・エミュレーション)はArturia独自のテクノロジーで、アナログ・シンセサイザーのサウンドを忠実に再現するものです。アナログ・オシレーターの極めて細かなディテールや透明度、明瞭度の高いサウンドだけでなく、フィルターや各ビンテージ・キーボードに固有のサウンドも精緻に再現します。また、ソフト・クリッピング機能でよりパンチのある、存在感のあるサウンドに仕上げることもできます。本物と区別ができないほどリアルなバーチャル・インストゥルメント。それを支えているのがTAE®です。

  • 動作環境

  • Windows:
    OS:Windows 7以上
    PC:4GB以上のRAM、2GHz以上のCPU、1GB以上のハードディスク空き容量、OpenGL 2.0互換GPU
  • Apple:
    OS:Mac OS X 10.10以上
    Mac:4GB以上のRAM、2GHz以上のCPU、1GB以上のハードディスク空き容量、OpenGL 2.0互換GPU
  • 対応プラグイン・フォーマット

  • VST 2.4(64ビット)、VST 3(64ビット)
    AAX(64ビット(ProTools 11))
    Audio Unit(64ビット)
  • プロテクト

  • タ本ソフトウェアはArturia Software Centerによりプロテクトがかかっています。
    詳細はこちらをご覧ください。

主な特長

  • アイコン的シンセサイザー3機種のフィルターを先進のTAEによるフィジカル・モデリングとサーキット・モデリングにより再現
    • Mini-Filter
    • M12-Filter
    • SEM-Filter
  • 各フィルターともDAW上のVST、AU、AAXプラグインとして動作可能
  • 高精細グラフィックによる美しく、見やすいインターフェイス
  • 豊富なモジュレーション機能
  • タグベースによる高速かつインテリジェントなプリセット・ブラウジング
  • 第一線で活躍するサウンド・プログラマーによる100種類以上の高品位プリセットを内蔵
  • Arturia独自のモデリング・テクノロジー「TAE®」により、アナログ・フィルターのサウンドや挙動を正確に再現